第67期王将戦一次予選・加藤一二三九段vs黒沢怜生五段

現在残っている各棋戦が終了した時点で引退することが決まっている加藤一二三九段に、若手の黒沢怜生五段が挑んだ一局。黒沢五段のノーマル四間飛車に加藤九段が「伝家の宝刀」棒銀で対抗しました。

⇒ 棋譜はこちら [ 将棋DB2 ]

中盤入り口では棒銀が順調にいっているようでしたが、振り飛車側が△1五角と出た局面。

8筋で香の重ね打ちを狙うこの手が好手だったよう。その後▲3六香△2六歩▲4五歩△2七銀▲4八飛△3六銀成と進んでほぼ勝負あり。振り飛車側の理想的な攻撃が炸裂した一局でした。現在振り飛車党の私としては、棒銀対策としてぜひお手本にしたい内容です。

一方敗れた加藤九段は、おそらく残りは竜王戦のみ。加藤九段に「頑張って」なんて言える立場ではありませんが、最後の最後まで可能なかぎり追って観たいと思います。

局面図作成:Shogipic

第42期棋王戦第4局

千田翔太六段が王手をかけて挑んだ「第42期棋王戦」。昨日、第4局が行われました。

⇒ 棋譜はこちら [ 将棋DB2 ]

矢倉戦の出だしから、後手番の千田六段が6二金、8一飛、そして銀矢倉に構えた序盤戦。そしてポイントは中盤の以下の局面だったようです。

先手番の渡辺棋王はここから△3五同歩以下の千日手の展開を考えていたそう。結果として直後の△2六馬が敗着だったようです。その後は差が開く一方の展開だったようで、渡辺棋王がタイとし、タイトルの行方は最終局に持ち越されました。

プロ同士の矢倉戦ということで、盤上には現れない、水面下での様々な駆け引きがあったと思うのですが、この一局だけ見れば渡辺棋王の貫禄勝ち、といったところでしょうか。素人目には「経験の差」がはっきり出たような気がしました。もちろん、ヘタレ将棋指しの私には、上記局面からだって(相手が同じレベルのアマチュアであっても)先手勝ちに持っていく自信はありません。。

しかしこれで決着ではありません。若い挑戦者(千田六段)が初タイトル獲得となるか、最終局(3月27日)は目が離せませんね。

局面図作成:Shogipic

私のアイドル

このタイトルで「♪ギターを抱えた姿が〜」で始まる、チューリップの『私のアイドル』を思い浮かべた方は間違いなく私より年配でしょう。。

時は昭和58年。この年の春、名人戦初挑戦にして名人位を奪取したのは谷川浩司。現在は17生名人資格保持者ですね。「今日から将棋名人戦が始まります」というのがNHKの朝のニュースで流れていた時代でした。そしてこの年に当時史上最低段位・五段でタイトルを獲得した棋士が現れました。それが現在の高橋道雄九段。

その頃は実家にいたので新聞は自分で選択した訳ではないのですが、その新聞の主催(共催)だったのが「王位」戦。高橋五段が当時の内藤王位に挑戦し見事4勝2敗で初タイトルを獲得しました。最近では将棋のタイトル戦の結果は、主催社でどのように扱われているのか見当もつかないのですが、当時は谷川新名人と合わせ「将棋新時代の幕開け」と大々的に報じていた気がします。

私自身、将棋は父に教わって覚えたのですが、父の将棋は居飛車党というか、今から思えば「棒銀一辺倒」。こちらはいかに棒銀で攻めつぶされないか、だけを考えて駒組みをしていたら、いつの間にか?居飛車党、それも角交換は怖いのでガチガチの矢倉党の少年になりました。

そんな中現れた「将棋界の新星」の高橋先生はまさに矢倉党。憧れないわけがありません。中学生の頃は新聞の「将棋欄」を切り抜いてスクラップしていました。

その後長い間将棋からは離れていたのですが、また観るようになった頃もまだ「B級1組」に在籍。しかも何度ものA級からの降級の憂き目に遭いながらB級1組からの復帰昇級を重ねる姿は、正直年齢を考えたら「感動的」でさえありました。現在までにタイトル獲得通算5期、順位戦A級通算10期以上、竜王戦1組通算20期以上。私が言うまでもなく、超一流の実績です。

実は中学生の頃、ろくに将棋界の仕組みを知らない私は高橋先生に「将棋連盟で働かせてください」なんていう、とても失礼な手紙を送ったことがあったのですが(当時は『将棋世界』に棋士の自宅住所が書かれていたんです!)、とても丁寧な返信をいただきました。その手紙は大事に取っておいたのですが、、あまりにも大事にしすぎて?実家を出るときに散々探したのですが見つからないまま。。

そんな高橋先生も、近年は降級を重ね今はC級1組。でも竜王戦は1組で頑張っています!先日も佐藤天彦名人を破って1組残留を決めました。まだまだ現役・それもトップクラスで頑張ってほしいものです。この記事も、実は順位戦の最終局に勝ってもらった後に書きたかったのですが、、現実はそううまくいきませんね。

いろいろあって?最近はブログも閉鎖してしまわれたようなんですが、是非またファンに向けて発信していただきたいですし、それ以上に!対局でその雄姿を見せてほしいと思います。